正解?失敗?これが離婚の真実の姿!

離婚当時31歳(現在50歳)、男、元妻の精神病他、自信喪失と絶望感

私は現在、7月に50歳になったばかりの会社員です。

私が該当だったので、同様の経験をされた方がいれば共感して頂き、又、今後結婚する方々には、同じような失敗をしないように、少しでも参考にして頂ければ幸いと思って、正直言うと思い出したくはない過去ではありますが、執筆を決意した次第です。

離婚した経緯は、元嫁の隠していた精神分裂症が発覚したことと、その治療をする中で、なかなか改善しなかったこと、そして最後は、元嫁が、私を不憫に思ったか気遣いなのか、いずれにせよ、一方的に離婚届けを出されてしまったことです。

時期は、今から19年前、私が31歳の6月で、情けないけど私が気が付いたのは8月でした。

もう19年も経つのですね。

お互いまだ若かったかもしれません。

私と元嫁は同じ歳で、27歳の時に地元同士でお見合い結婚しました。

田舎だったので、当時はそれでも遅い方だったと思います。

その2年後ぐらいから離婚したいと元嫁が言い出し、離婚するまでに費やした時間としては約1年かかりました。

きっと離婚時の心情に関しては、離婚経験者にしかわかりませんよね。

私の場合、離婚時の心情は、とにかく情けなかったです。

田舎で盛大に結婚式をしたのに離婚だなんて誰にも言えず、又、元嫁を幸せに出来なかった自分に自信喪失と罪悪感を感じました。

同時に、やっと元嫁との闘病の日々から解放されたんだと、自由になれたと言う安堵感もありました。

両極端の気持ちがグチャグチャになっていました。

絶望感のみで、今にして思えば笑えますが、当時は真剣にもう死にたかったかな。

<後悔していること>やっぱり、離婚そのものを後悔しています。

出来れば、誰だって、離婚なんてしたくないでしょ。

でもしてしまった。

そして、その理由は、元嫁の精神分裂症発覚はあったにせよ、それを一緒に改善していこうと頑張ったのに、ちっとも改善せず、逆に症状は悪化していき、又、他にも兼業農家だった実家の嫁として、地域のつきあい対応で色々大変だったと思うし、最後は元嫁とお別れすることになってしまった自分の不甲斐なさ。

なんだかんだ言っても、お見合いとは言え、最初は二人とも意気投合して、愛し合っていました。

なのに、結婚して1年が過ぎた頃と同時期に会社都合で出張が多くなったこともあり、元妻を孤独にさせることが多くなり、その精神状態の細部まで配慮が行き届かず、努力はしたけど結果として、いわゆる体の相性と言うのが悪かったのだと思いますが子供にも恵まれず、今でも当時の悪夢が蘇ったり、何が悪かったのかうなされます。

私は離婚を経験してしまいましたが、その根源は結局、簡単にお見合い結婚しなければよかったのかもしれませんね(もう今となっては笑うしかない)。

何が悪かったのかは、考えられる原因が複数あり、永遠にわかりそうもありません。

でも、わかっていることは、結婚はよく考えてからした方が良いことと、お互い本当に好きで一緒になった方が良いという事です。

31歳で離婚を経験した私も、その後なんとか33歳で今の6歳年下の元気で明るい妻に会って恋愛し、34歳で再婚(妻は初婚)し、今では子供も二人居る普通の家庭を築くことが出来ました。

楽ではなかったけど、人生あきらめたら終わりです。

生きている以上、やるだけやってみましょう。

それではまた。